デジタルヘルス
Digital health

「米国eHealthジャーナル」のご案内
 ~ 第56号 ( 2021年12月28日 発行 ) ~

 

ジャーナル56号のトピックは、DiMe(デジタルバイオマーカー標準策定)、Papa(高齢者ケア)、AppliedVR(VR疼痛管理)、BrainCheck(認知機能評価)、Aevice Health(RPM向けウェアラブル)、HoneyNaps(スリープテック)、など

■ 製薬大手5社、デジタル・バイオマーカーの活用でDiMeと提携
エビデンスベースの「デジタル評価項目」の確立を目指す
アトピー性皮膚炎で問題となる夜間就寝中の掻破を、エビデンスベースの「デジタル評価項目」として確立し、新薬開発の評価項目など、DiMe (Digital Medicine Society) が標準策定に取り組む。

■ Alphabet、AI創薬に特化する新会社を設立
DeepMindからのスピンアウト企業、Isomorphic Labs
AlphabetのAI研究所DeepMindからスピンアウトして、AI創薬に特化したIsomorphic Labsが誕生。

■ Papa、シリーズD投資ラウンドで1億5,000万ドルを調達
評価額は14億ドルに到達
「Papa Pal」と高齢者をマッチングするプラットフォームのPapaは、健康管理プラットフォーム「Papa Health」の開発やUber Healthとの提携、そしてシリーズDラウンドで資金調達を実施。

■ 画期的医療機器のメディケア即時償還規定が正式撤廃
CMSは新たな判断プロセス迅速化を模索
恒久化が期待されていた画期的医療機器のメディケア即時償還規程の正式撤廃が発表された。マーケット・アクセスの戦略変更を迫られるスタートアップも多いと想定される。

■ RWDの自動抽出から、抗生物質の最適な治療法を分析
抗生物質耐性菌の撲滅を目指すCARB国家行動計画による支援
リアルワールド・データ(RWD)の分析により、抗生物質のより安全な使用法を模索するJohns Hopkins University医学部の取り組みについてFDAの医薬品評価研究センターが報告。

■ AppliedVR、シリーズB投資ラウンドで3,600万ドルを調達
慢性腰痛を適応症とする処方箋DTx候補
難治性の慢性疼痛や急性期疼痛、不安症を適応症とした、バーチャルリアリティ技術基盤のデジタル・セラピューティクスAppliedVRがシリーズBラウンドで資金調達を実施した。

■ Ellumeの家庭用COVID-19抗原検査キットがリコール
FDAは「クラスIリコール」に分類
FDAは11月10日、現在リコールが実施されているEllumeのスマートフォン対応新型コロナウイルス感染症(COVID-19)抗原検査キットについて、リコール原因が最も深刻であることを意味する「クラスIリコール」に分類した。

■ デジタルヘルス企業の2021年第3四半期決算
GoodRx、Amwell、Teladoc、Babylon
処方箋医薬品の価格情報を提供するGoodRx、テレヘルスのAmwell (旧・American Well)、テレヘルスのTeladoc、AIチャットボットのBabylon、2021年度第3四半期の決算は、いずれも最終損益が赤字のまま。

■ 認知機能評価のBrainCheck社、シリーズBラウンドで資金調達
デジタル時代のゴールドスタンダードを目指す各社 ~ Cogstate社、Splink社、FRONTEO社、他 ~
デジタル時代の軽度認知障害や認知症のスクリーニングに、認知機能評価の新ゴールドスタンダードの確立を目指して、BrainCheck社、Cogstate社、Splink社、FRONTEO社らがしのぎを削っている。

■ Aevice Health社、呼吸器疾患ウェアラブルで遠隔患者モニタリング
東邦HDと提携、日本市場進出へ
シンガポール南洋理工大学のスピンアウトAevice Health社は呼吸器疾患ウェアラブル「AeviceMD」を開発しており、東邦HDと提携して、日本市場で遠隔患者モニタリングを展開する計画。

■ 韓国HoneyNaps社、睡眠障害デジタル療法の開発計画
非接触センサー技術とAI解析アルゴリズムを礎に、デジタル治療へ
韓国のスリープテックHoneyNaps社が、非接触センサー技術、AI解析アルゴリズムに加え、不眠症のデジタル療法を開発し、米国で上市する計画が明らかとなった。

LSMIP 米国eHealthジャーナル 56号

================================

「米国eHealthジャーナル」とは
米国や世界各地で刻々変化している、デジタルヘルスに関連する行政・産業・サービスの情報をまとめた、サブスクリプション型のオンライン情報誌です。「月間米国バイオビジネス」、「米国製薬業界週報」を発行するニューヨーク拠点のMSA Partners社と共同執筆し、隔週で発行しております。

「米国eHealthジャーナル」とは

過去のジャーナル記事は、「バックナンバー」で探す!
その他、記事データベースから必要な情報を探し出すタグ検索をご用意しております。
・「トピック」で探す
・「疾病/診療科」で探す
・「社名」で探す

(デジタルヘルス) タグ検索!

================================

その他、無料記事やオンデマンドセミナーもご視聴いただけます。

内容:『米国のデジタルセラピューティクス事情』
1.「米国の健康保険の特徴」
  https://www.lsmip.com/article.html?id=1733&lang=ja&utm_source=cmp&utm_medium=news
2.「デジタルセラピューティクス(DTx)とは」
  https://www.lsmip.com/article.html?id=2052&lang=ja&utm_source=cmp&utm_medium=news
3.「米国でのDTx承認獲得後の真の戦い」  ※「米国eHealthジャーナル」購読契約者向け限定公開
  https://www.lsmip.com/article.html?id=2214&lang=ja&utm_source=cmp&utm_medium=news

================================

株式会社シーエムプラス 「米国eHealthジャーナル」事務局

トップページへ