デジタルヘルス
Digital health

「米国eHealthジャーナル」 第50号 (2021年09月28日)

米国eHealthジャーナル 50号

■ NIH、AD臨床試験の被験者募集用ツールを開発
被験者の多様性確保を目指す「Outreach Pro」
国立衛生研究所傘下の国立老化研究所は、アルツハイマー型認知症の臨床試験へ参加する被験者を多様化するためのオンライン研究ツール「Outreach Pro」をリリースした。

■ 抗癌剤のRWD研究の課題を示唆
ロンドン大学の研究班がRWD研究293件を検証
規制当局から承認を受けた抗がん剤のリアルワールド・データ(RWD)研究の検証によれば、RWEの構築や活用アプローチの開発の盛り上がりに反して、一貫性と品質に課題が見られた。

■ SchrödingerとZai Labが研究提携
DNA損傷修復を標的とする癌分野の新規プログラム
計算創薬でAZやBMSら大手製薬企業との提携を深めるSchrödingerが、DNA損傷修復を標的とするがん分野の共同研究プログラムで、中国の製薬企業Zai Labと提携した。

■ 医薬品トレーサビリティ強化、FDAがコメント募集期間を延長
業界横断組織は2023年のシステム構築に向け基本計画を策定
医薬品サプライチェーン安全保障法に伴う処方箋医薬品のトレーサビリティ強化を見据え、ガイダンス案に対するパブコメ期間の延長や、業界団体の基本計画策定が発表された。

■ GoodRxとSurescriptsが提携
無保険者の医薬品コスト負担情報を医師に提供
処方箋医薬品の価格情報を公開するGoodRxは、ヘルスケアデータネットワークのSurescriptsと提携し、無保険者の負担コスト情報を医師に提供し、より適切な医薬品の選択を支援する。

■ イスラエル拠点のスタートアップ企業BrainQが4,000万ドルを調達
BCI技術を基盤とするウェアラブル・デバイスで脳梗塞患者の障害の改善
脳梗塞後の回復支援技術としてFDAからBDD(画期的医療機器指定)を受けているBrain-Computer Interface技術デバイスを開発するイスラエルBrainQが資金調達を実施。同分野のMedRhythmsやSynchronらも注目を集めている。

■ NeuroPace、癲癇患者向けの新規プラットフォームをリリース
発作のリアルタイム記録を行うスマートフォンアプリ「Seizure Tracker」と提携
インプラント型神経刺激デバイス「RNS System」で難治性癲癇への個別化医療の実現を支援するNeuroPaceが医師向け「nSight Platform」をリリースし、患者用スマホアプリ「Seizure Tracker」と連携した。

■ Cigna、ストレスレベルを判定するオンラインツールをリリース
音声バイオマーカーを検出するAI基盤のアルゴリズム
保険会社CignaはAI音声基盤の「StressWaves Test」をリリースし、ユーザのストレスレベルを判定する。音声バイオマーカーの開発・活用を目指すSonde HealthやWinterLight LabsとともにEllipsis Healthが注目を集めている。

■ 連載:過去記事から見る「へルスケア分野とテクノロジー」
第8回.  技術動向:センサー
センサーのタイプや利用形態、収集データと診断対象、収集データの整理と分析など、各センサー技術のヘルスケア分野での応用の動向を読み解く。

■ AI病理診断のPathAI社、病理診断ラボを買収
医薬品開発プロセスの効率化にも期待
AI病理画像診断のアルゴリズムや製品を開発するPathAIが病理診断ラボPoplarを買収した。多くの病理画像や症例データへのアクセスが可能となり、医薬品開発プロセスの効率化も期待。

■ 「米国のデジタルセラピューティクス事情」3.米国でのDTx承認獲得後の真の戦い
オンデマンド動画🎦配信
オンデマンド動画で「米国のデジタルセラピューティクス事情」を学びましょう。第3回は「米国でのDTx承認獲得後の真の戦い」をテーマに、MSA Partners市川明日香さんの講演です。

LSMIP 米国eHealthジャーナル 50号

================================

「米国eHealthジャーナル」とは
米国や世界各地で刻々変化している、デジタルヘルスに関連する行政・産業・サービスの情報をまとめた、サブスクリプション型のオンライン情報誌です。「月間米国バイオビジネス」、「米国製薬業界週報」を発行するニューヨーク拠点のMSA Partners社と共同執筆し、隔週で発行しております。

「米国eHealthジャーナル」とは

================================

 

株式会社シーエムプラス 「米国eHealthジャーナル」事務局

トップページへ