CM PLUS.株式会社シーエムプラス CM PLUS.

オープンセミナー
GMP査察における通訳担当業務のポイント
~海外査察をスムーズに進めるGMP英語表現とは~

GMP査察通訳, GMP英語, Chain of custody, system inventory, periodical review, roles and privileges, sample accountability

概要 査察特有の表現、訳出のポイントとは?
当日は講師とインタラクティブにチャットのやり取り(Q&A)を行います
講師 シミックホールディングス株式会社 人財部シニアインタープリター
シミックファーマサイエンス株式会社 信頼性保証本部 薬事スタッフ(通訳担当)
西手夕香里 氏
開催日 2024年07月11日(木)
開催形式 オンライン(Zoomライブ受講)

※クリックして即申込にはなりませんので、
ご安心ください。

講座のポイント

本セミナーでは、演者がこれまで多くのGMP監査・査察通訳の経験から学んだGMP査察における通訳者の役割、頻出単語や表現、訳出のポイントを解説します。また、査察の目的、流れ、査察対応者の役割を理解することにより、SMEがスムーズに理解・対応できる訳出が可能になります。査察官の質問の意図を正確に捉え、SMEや他の対応者が回答をイメージしやすい適切な用語で訳出するコツや、査察対応側の回答を英語話者が理解しやすい順序に整理し、査察官をイライラさせないスピーディーな訳出をするためのコツを考察します。

講座で習得できること

・GMP査察で頻繁に登場する英語表現(専門用語)の意味を理解する
・英語と日本語の構造の違いを理解し、回答を想起しやすい日本語、
査察官が理解しやすい英語に変換するコツを理解する
・査察の目的、流れ、査察対応者の役割を理解する

講座の内容 (一部抜粋)

1.オープニングプレゼンテーション
2.ツアー(倉庫)
3.ツアー(製造ライン)
4.ツアー(QCラボ)
5.文書レビュー

詳細は、GMP Platform セミナー詳細ページでご確認ください。