エンジニアリング
Engineering

フロントエンドのコストマネジメント
分離発注で実現するコストダウン 

製造施設の建設では、建築・建築設備、生産設備、物流設備、IoTなどの各要素が複雑に絡み合い、この各カテゴリー間の調整を行う統括エンジニアリングがプロジェクトの成否の重要な要素となっています。この統括エンジニアリングを担うのは、一括元請発注方式では建設会社またはエンジニアリング会社ですが、分離発注方式ではCM Plus(シーエムプラス)がお客様の片腕・パートナーとなって遂行します。建築・建築設備、生産設備、物流設備、IoTのそれぞれのカテゴリーの請負者やメーカーと、お客様が建設会社を通さずに、直に設計・工事契約や調達契約を締結することが可能になります。これにより、設計・建設コストの透明性を増し、大幅なコスト削減を実現できるという大きなメリットがあります。

コストの比較 ※各コスト構成は標準的なモデルを想定しています。

コストの比較図

引合い支援で適正コストに導きます

CM Plusのエンジニアリングは、引合い支援としてまずお客様の要求仕様を的確に反映した引合仕様書を作成します。事業構想段階のまだ形にならないお客様のご要望を、設計・建設会社に引合いが出来るレベルまで計画を具現化する手順をCM Plusの技術・知見がお手伝いいたします。

CM Plusでは、専業のCM(コンストラクション・マネジメント)会社と異なりエンジニアが社内に在籍するので、基本設計までを社内で進めることが可能です。引合い時には、特定の設計・建設会社や生産設備メーカーに捕らわれることなく、お客様のプロジェクトに適した引合い先を選定します。

引合後は入手した見積書を第三者の目で公正に比較検討し、また市場価格に対しての妥当性を評価し、適正なコストで設計・建設を行うことを支援します。

ご相談はこちらへ

お気軽にお問い合わせください

トップページへ