メッセージ

施設創りから査察支援まで、フォローいたします!

お陰様で、弊社は起業から10年目を迎えることができました。
この間、サブプライム問題が勃発し、その後のリーマンショック、さらには東日本大震災・原発事故、ユーロ危機と、さらに最近では世界的な金融バブル、原油安、英国のEU離脱、トランプ新大統領就任など、想像もしなかったさまざまなことが起こりました。

このような激変の環境の中、ここまで順調に業務を拡大できたのも、ひとえにお客様のご支援があっての賜物と感謝いたしております。

弊社は医薬品生産施設という産業施設に特化した、、顧客支援型プロフェッショナルサービスを、「必要なだけ」、「必要な場所で」、「必要な時」にというコンセプトでご提供してまいりました。事業計画から設計・建設まで「速く」、「安く」、「良い品質」をお客様の立場に立って作り上げるサービスは、大変好評をいただいております。改めて御礼申し上げます。

その後、2011年よりGMPコンサルティング サービスを開始し、医薬品・医療機器・再生医療等製品の開発・製造段階での「開発支援/CMCコンサルテーション」、「GMP/QMS教育(オンサイト集合教育、e-Learningサービス『GMP-eTutor』)」、「GMP関連コンサルテーション(PQS/QMS改善、査察支援等)」をご提供しており、施設創りから査察までをカバーすることができるようになりました。2015年からは、お客様からの要望が多い「Auditor育成プログラム」を開始しました。

また、アジア地区におけるエンジニアリング及びコンサルティングの経験で培ったネットワークを活かし、2016年からはアジア地区のローカル医薬企業と日本企業を結びつけ製品輸出、ライセンス導出や提携の支援などを行うマッチングサービスを開始しました。

一方、2012年4月からは、GMP PlatformのHPから最新技術情報を満載したGMP関連記事を発信しており、2016年末には登録会員も8,500名を超え、日本で最大規模のGMP情報発信ポータルとなっております。
本年もこれらのバーチャルでの機能もより充実させ、新たな情報、新たなサービス提供を予定して、エンジニアリング、コンサルティングというリアルサービスとインターネットを活用したバーチャルサービスの双方でお客様の不具合、不便、不安、不足、不慣れ、非効率を改善、解消していくお手伝いをして参ります。

同時にサービス提供の地域を国内から海外へと拡げており、2013年にベトナムに子会社を設立、2014年にはシンガポール子会社、タイリエゾンオフィス、2015年にインドネシア子会社を設立し、東南アジアでもサービスをご提供させて戴きます。2017年は、北米、中米地域でのサービスの強化を目指します。
2020年にはライフサイエンス分野のエンジニアリングとコンサルティングのプロフェッショナルサービスに特化したグローバルレベルでのエクセレント・カンパニーとなることを目指しており、お客様の発展と伴に成長していく所存です。

代表取締役社長 冨樫 経廣

2017年

代表取締役会長冨樫 経廣