1. トップページ>
  2. 新卒者・第二新卒者採用情報(通年採用)>
  3. 先輩社員の声>
  4. プロジェクトエンジニア・2

先輩社員の声

  • 伊良部 頌 (いらぶ しょう)
  •  入社年 :2017年
  •  専 攻 :建築(日本近代建築史)
  •  担当業務:プロジェクトエンジニア

CM Plusへの入社動機

建築の博士課程出身者も募集している企業を探している中でCM Plusを知りました。参加した説明会で、多様な事業領域に展開していること/これからさらに展開していく状況にあることを伺い、成長過程にある企業で働くことができればと思いCM Plusを志望しました。
入社後、厳しい議論が活発に行われながらも和気あいあいとした雰囲気のオフィスに身を置いて、自分の選択は正しかったと感じています。

現在の具体的な仕事内容

エンジニアリング*1全般に関する知識、CM*2の業務内容、GMP*3/QMS*4について学んでいます。それと同時に、入社後初めて本格的に関わることになるプロジェクトが動き出そうとしているところです。ファブリックケア施設への新規ライン設置計画に伴い、予想されるリスクを洗い出し対策を講じると共に、プロジェクトエンジニアとして設置現場に駐在し工程が円滑に進むよう支援業務を行う予定です。現在はコンサルテーション成果物となる資料の作成も部分的に担当することになり、先輩の方達に指導を受けながら充実した仕事を行うことができています。
*1 エンジニアリング…一般的に建設プロジェクトは、大きく分けて、①設計・②調達・③建設の3つのフェーズに分かれている。シーエムプラスは、このうち『設計』と、建設プロジェクト全体の最適化を計る『プロジェクト・マネジメント』に特化し、且つ、顧客組織の一員として、リソースの代替、顧客の頭脳として支援を行うサービスを実施しており、これを『エンジニアリング』サービスと呼んでいる。
*2 CM…(Construction Management/コンストラクション・マネジメント)。建物や製造機械について、廉価かつ追加費用の発生を最小限に抑え管理する調達 のマネジメントや、工事や製造機械の取り付けを高い品質で遂行する工事管理のマネジメント技術の総称。
*3 GMP…(Good Manufacturing Practice/製造管理及び品質管理に関する基準)。医薬品の生産において定められている、高い品質を保証するための生産管理や品質管理の基準。
*4 QMS…(Quality Management System/品質マネジメントシステム)。品質に関して組織を指揮し、管理するためのマネジメントの仕組み。

仕事で心がけていること

業務を遅滞なく進めるために、資料を作成する際は、必ず途中で先輩にチェックしてもらい、修正点や方針に関して指示をもらうことを心がけています。業務遂行にあたり、まず自分で考える時間を頂いている一方で、自分一人だけで業務を行うことは不可能なため、積極的に経験豊富な周囲の方々の助けを借りることが、お客様との契約を着実に遂行することに繋がると考えています。また社内業務についても同様のことを心がけています。 このプロセスを繰り返して先輩達のスキルを学び、将来は一人のプロフェッショナルとして社内外の方々を手助けする事ができるようになりたいと考えています。

仕事のやりがい

現場見学や充実した社内講義、外部研修など、学ぶ機会と環境を多く与えて頂いており、高い意欲を維持しながら、医薬品製造施設建設への貢献という社会性の高い業務を行えることに対して非常にやりがいを感じています。業務上で分からない事がある際に周囲の方々に質問すると、忙しい中で誰もが仕事の手を止めて答えてもらえることに感謝しています。

CM Plusで挑戦していること、将来のなりたい姿

建築専攻とは言え歴史系出身ということもあり、GMP/QMSに関する分野だけでなくエンジニアリングやCM等の業務についても学ばなければならないことが膨大にあります。一日でも早く会社に貢献できるように、知識や経験を吸収していきたいと思います。
将来はCMや建築士の資格を取り、プロフェッショナルとして業務を遂行できるようになりたいと考えています。

その他(オフの過ごし方、趣味等)

美味しいご飯とお酒を求めて食べ飲み歩きをしています。日本各地の街を歩き、歴史を調べ、建築物を見たりするのも好きで、先日は両方を兼ねて高岡・金沢に旅行に行きました。

 


 

1日のスケジュール

8:20 出社
始業時間までに軽い朝食を食べたり、メールを確認したりします。
8:30 始業
関わっているプロジェクトの打合せに向けて準備。まだ分からない事が多いので、少しでも知識を吸収しやすい状況を整えるために資料を読込みます。
10:00 CM勉強会
弊社が行っている業務の一部であるCMについて理解を深めるために、経験豊富な上司・先輩が若手に向けて双方向型の講義を行ってもらっており、これはCCMJ(認定コンストラクション・マネジャー)資格取得に向けての対策でもあります。
12:00 昼休み
会社の若手メンバーで集まり、おしゃべりをしつつ昼食を食べます。天気の良い日は散歩に繰り出します。
13:00 打合せ
作成中の議事録や文書等を先輩方にチェックをお願いし、文章表現や文書構造について指導してもらいます。その上で、今後必要となる資料や作成すべき資料についての確認を行います。
14:30 資料作成
打合せ結果に基づき資料を作成します。ある一つのプロジェクトは数多くの要素から成り立っており、例えば、誰が・何を・どのタイミングで行うかによって工程の組み合わせが左右され、結果、スケジュールの期間も変化します。この変化を分かりやすく可視化するために、先輩方に助けを貰いながら資料を作成します。
16:30 報告書作成
先日参加した外部研修の報告書を作成します。提出した報告書は上司よりフィードバックがありますので、それに基づき次回以降作成する文書の精度を上げることができるよう心がけています。
17:30 退社